用地担当

地籍調査支援業務への取組み

地籍調査は、主に市町が事業主体となって土地境界の確認のために実施するもので、災害からの迅速な復旧や公共事業の効率化及び費用縮減などに有効な調査とされていますが、本県の実施率は全国に比べて極めて低い状況にあります。(全国平均約52%、静岡県約25%)

このため、本県では地籍調査を促進するための様々な取組が進められていますが、県内市町においては専任職員の確保が難しいことや、相続登記が適切にされていないことにより土地所有者の特定などに多くの労力を要していることから、関係作業を円滑に進めることができない状況にあります。

センターの社員である静岡県土地開発公社は、「公有地の拡大の推進に関する法律」(以下「公拡法」という。)に基づき公共事業用地取得の専門機関として設立された法人であり、用地取得業務で培った地籍調査の促進に活かすことができる専門的知識や多くのノウハウを有しています。

そこで、センターでは地籍調査の支援事業を主要事業として位置付け、静岡県土地開発公社のノウハウを有効に活用して、本県における地籍調査事業への継続的なサポートを行っていくこととしています。

ふじのくにづくり支援センターの取組事業

(1)県が進める新たな地籍調査推進事業への積極的な参加 国土調査法第19条第5項指定を活用した地籍調査の推進

(2)市町における未完了の地籍調査へのサポート

【平成29年度実績】

● 登記記録及び地籍調査票等照合

● 関係機関との調整等

● 図面の再調製

川根本町より受託、町と協議しながら実施中。

(3)賀茂地域で始まった地籍調査事業へのサポート

【お問い合わせ窓口】

ふじのくにづくり支援センター 用地担当

住所 〒420-0853 静岡市葵区追手町9番18号

電話 054(254)6349 / FAX  054(255)8787

メール yo-ti@fujino-shien.or.jp

ページのトップへ